3D計測業務

3D計測業務に注力しております。

 3D計測は、これまでの測量を進化させて便利にするだけではありません。
 これまで難しかった地形や建物の測量も実現することが出来ます。
 つまりは、歴史的建築物・重要文化財等の補修や、図面の無い設備、建物のメンテナンス・リニューアルも可能にする画期的な測量技術です。

3D計測の種類

3Dレーザースキャナー
対象物にレーザー光を投射することで三次元データを取得することができます。

メリット

・安全作業
 対象物に接触することもないので作業の危険度が大幅に下がります。
・測量時間の短縮
 従来の方式と比べ複雑な地形でも測量でき、短時間で数万点もの点データを計測できます。
・高精度
 機器によって異なりますが、高精度で計測できます(i-Constructionの精度に対応できます)。

 

ドローン
 ドローンにカメラを搭載し、空中で計測地の写真を大量に撮影し、画像を解析して地形の三次元データを取得することができます(ドローンに3Dレーザースキャナーを搭載して三次元データを取得することも可能です)。

メリット

・安全作業及び広範囲な測量
 人が立ち入れないような場所での測量が可能です。
 特に災害発生現場などでは、上空から撮影することで人員の安全を確保しながら迅速に被害の状況などを確認できます。
・安価
 これまでの空からの測量である航空レーザー測量や航空写真測量などと比べると、安価で実施できます。

 

※「MMS(モービルマッピングシステム」という手法もございます。

メリット

・時間短縮
 MMSは機器を動作させて車で走れば測量可能なので、3Dレーザースキャナーよりも測量時間が短縮可能となります。
・人件費の圧縮
 車道やトンネル、地下なども計測でき、安全管理のための道路規制やガードマンも必要ないので、人員のコストダウンも実現できます。

 

 当社では3Dレーザースキャナー・ドローンの販売だけでなく、現場において3Dレーザースキャナー・ドローンを使用した三次元データの作成から、三次元データを活用した業務にも対応させていただいております。

 技術や環境の変化のスピードが高い昨今です。先ずは気軽に相談してみる事からはじめてみてください。
いつでもお待ちしております。

ページ上部へ戻る