草野測器社
ホームサイトマップ
ホーム固定資産業務

固定資産業務


当社では、課税客体の的確な把握と理論的根拠に裏付けされた固定資産課税資料(土地・家屋)を提供するとともに、実務に基付いた専門技術者のサポートにより課税業務を支援致します。また、多様、高度化した住民サービスを迅速に提供を実現するため、情報の総合利用を可能にするGIS技術を提供いたします。

公図・登記簿・課税台帳の照合について
  • 公図(17条地図)・登記簿・課税台帳との不一致照合を行い、地番図のメンテナンスを行います。
  • 分割されている地番・家屋図面をシームレスに統合します。

地目・画地認定について
  • 航空写真や現地調査により地目・画地認定のための資料作成を行います。

土地評価について
  • 航空写真や現地調査により用途地区・状況類似地域を設定します。
  • 地域の特性にあった土地評価基準を作成します。・画地評価情報の見直し(計測)を行います。

路線価算定について
  • 道路台帳、建築確認、現地調査等の情報を基に、路線価付設を行います。
  • 標準宅地価格を基に数量化解析を行い、路線価を算定します。また、不動産鑑定士との連携により、地域の状況にあわせたバランスの取れた路線価設定を行います。

公開用図面作成について
  • 情報公開に必要な用途地区、状況類似地域区分図、標準宅地位置図を作成します。

家屋図の作成について
  • 建物の適正な課税客体の把握のために、建物登記簿(台帳・図面)、航空写真の不一致照合を行います。

システムについて
  • 航空写真オルソデータの作成、地番図のデジタル化を行います。・固定資産事務円滑化のための、GISシステムを構築します。
  • GISを活用し、地目認定、画地認定作業の効率化、正確な画地計測、路線価及び土地評価バランスの検証を行います。


このHP内の文章、画像の無断使用、転載は固く禁じます。このHPの著作権は株式会社草野測器社にあります。