草野測器社
ホームサイトマップ
ホーム航空写真測量業務|空中三角測量図化について|

航空写真測量について

空中写真測量の工程
  • 図化縮尺の決定
  • 図化範囲の決定
  • 撮影写真縮尺決定
  • 撮影計画作成
  • 対空標識設置
    対空標識はすでに設置されている国家三角点や、新たに設置する標定点に、ベニヤ板などで撮影写真に写るように設置する
  • 空中写真撮影
  • 写真現像焼付
  • 空中写真スキャンニング
    航空写真測量用スキャナーを用いて、精度検証を行った上で、読取分解能1200dpi以上のフルカラーでA/D変換を行う。
  • 標定図作成
  • 簡易水準測量現地調査
    空中写真測量の高さの精度を確保することを目的としている。平面位置は標定点などから精度を高く求めることができる。ただ高さの基準となる点は、これらの点だけでは数量的に不十分な場合が多く、このため写真上に現地で直接標高を求め、地形図の等高線や独立標高点の信頼性を高めることが必要となる。
  • 空中三角測量
    空中写真は3次元の空間で撮影される。この撮影時の航空カメラの位置・傾きを再現することにより、隣合った2枚の写真から撮影地域の相似形モデルが作られる。このモデルをつなぎ合わせることにより、撮影の全域が再現されることになる。このためには写真上に設けたポイントの写真座標を専用のソフトなどで計測する。計算処理は三角点や現地に設置した標定点座標を使ってポイントの写真座標を測地座標に換算する。これら一連の作業を空中三角測量と呼んでいる。
  • 図化
    デジタル図化機を用いて写真画像から地形図に必要な道路や建物などを描画することで、空中写真から地図として必要な情報を抽出することである。
  • 現地補測
  • 編集
    図化素図に基づき現地調査やその他の行政資料によって、図面を所定の図式に従って仕上げていく
  • 原図作成
  • 検査
  • 納品


このHP内の文章、画像の無断使用、転載は固く禁じます。このHPの著作権は株式会社草野測器社にあります。